ニキビ・ニキビ跡のせいで赤ら顔みたいになったら皮脂対策から始めよう

MENU

ニキビ・ニキビ跡のせいで赤ら顔みたいになったら皮脂対策から始めよう!

ニキビのせいで顔が赤いブツブツだらけになった…そんな経験をしたことがある人は少なくないでしょう。
私も中学高校のときはニキビがおでこや頬にたくさんできて毎日が苦痛で仕方がなかった時期があります。

 

そういう時期に、「洗顔をすると良いよ!」という情報をどこかから仕入れて、ひたすら洗顔に明け暮れる日々を過ごした苦い思い出。。。
結果的に、肌はどんどんギトギトになっていき、ニキビは余計に悪化して赤みも全く引かないという最悪のループに突入しました。

 

そういう感じの、いかにもな肌状態だったので自分に自信が持てず、なんというか冴えない中高生活だったなぁ〜と今では思います。
今ではそう思える=かなり改善した、ってだけでも十分なわけですけど、現在でも悩んでいるという方はたくさんいるはずです。

 

ぶっちゃけますと、私はニキビの赤みを治すために何かをしたとか、良い化粧品を使った、とかそういうことは全く無いです。

 

気にしてもしょうがないと諦めて、全く気にせずに数年過ごしていたら、いつの間にか肌のトーンも揃ってきれいになっていました。
「羨ましい!!(妬ましい)」という声が聞こえてきそうです。。。怖い。

 

でもやっぱりその時のニキビ跡というか、全盛期?の名残は未だに残っています。
具体的に言うと、頬の毛穴の開き、小鼻の黒ずみなど。

 

これらは多分改善は難しいと思っています。ですから、前と同じように諦めて気にせず過ごしていますよ。
でも、中高の時のニキビの対応が違っていればもう少しきれいな肌になっていたのかな?と思ったりすることはありますねぇ。

 

絶賛ニキビ増殖中!ニキビ跡まっかっか!な人はまず皮脂対策を!

 

ここで大事なことですが、現在進行系でニキビが出ている人はまずは皮脂対策をした方がいいです。
これは大人ニキビ、思春期ニキビどちらにも言えることです。どちらかと言うと10代の思春期ニキビで困っている人ほど皮脂対策はすべきです。
もちろん、大人になってから皮脂がバンバン出てきてニキビができる!という人もです。

 

その理由としてはこんな感じ。

 

ニキビがどんどんできる
→ニキビ跡になる
→赤みが残る
→年単位(3年〜10年)できれいになっていく
→特にひどかったものが凸凹として残る(ほとんどは消えます)
→赤みが消えても黒ずみは残る
→etc…

 

こんな感じで、もともとニキビで悩んでいたものが赤みや凸凹、黒ずみなどへと変化していくからです。
しかも皮脂歳を重ねるにつれて徐々に減っては行きますが全く出なくなるわけではありません。

 

というか、生活習慣によっては若いときよりもバンバン出てくる、なんてこともフッツーにあるからです。
皮脂がたくさん出てくるようになると何に困るか、それは脂漏性皮膚炎による肌の赤みです。

 

ニキビの炎症による赤みだけでなく、皮脂の過剰分泌による赤みまで出てきたら最悪ですよね。
とはいっても、最悪の状態になりやすいのが、皮脂の過剰分泌なわけで。

 

ニキビの赤みは年単位で時間をかけて(←重要)スキンケアすればかなり改善できるのですが、脂漏性皮膚炎の赤みは黒ずみとなってそのまま残りやすいです。
そして、皮脂がたくさん出るということはそのままニキビが出やすい肌状態とも言えるんです。

 

だからこそ、しっかりと皮脂対策をしないとだめなんですよね。
皮脂の対策方法には次の3通りが考えられます。

 

  • 洗顔でいい塩梅に洗い流す
  • 皮脂が出すぎないようにきちんと保湿する
  • 生活習慣を改善する

 

細かい説明をするとですね、まず洗顔については朝晩の2回だけでオッケー。
それ以上洗うと、洗いすぎて逆に皮脂が出やすくなるので2回だけでいいです。
もこもこの泡でしっかりと皮脂を洗い落としてください。

 

この時注意するのが、力を入れ過ぎたりこすったりしないこと
これはクレンジングの時も同じで、力を入れてこすると肌に大きな負担、刺激になるからです。

 

次に、皮脂が出すぎないように保湿することも大切。
皮脂は洗い落とすとたくさんでてきて肌を乾燥から守ろうとします。
しかし皮脂はニキビ悪化の要因になったり、酸化して肌老化の原因になるんですね。

 

そうならないように、自分でしっかり保湿しましょう。
自分で肌を保湿することで、不要な皮脂は出にくくなってきますからね。

 

最後は生活習慣を改善する、です。
これはもう改善してね!としか言い様がないのですけど、具体的に言えば食事の改善、運動不足の解消に務めるべきですね。
油ものをたくさん食べている人は控えめにして、毎日30分のウォーキング、ジョギング程度の運動をするといいです。

 

私もちゃんと食事の改善と運動不足を解消したら、そういった肌トラブルも出にくくなってきましたよ。
あとは睡眠時間をきちんと確保すること。

 

夜遅くまで起きていたり徹夜をすると、皮脂がめちゃくちゃ出てきた、という経験をしたことがある人は少なくないはず。
あれも肌トラブルを悪化させる原因です。

 

まとめ:ニキビやニキビ跡の赤みは皮脂の過剰分泌を抑えて年単位でスキンケアすればきれいになります!

 

えーっとですね上で書いたことをざっくり一言でまとめると、
時間をかけて生活習慣を改善してくださいとなります。

 

身も蓋もありませんね。。。
結局のところ、赤みを改善するには時間と根気が必要です。

 

当然ながら、こればかりはしろ彩を使ったからといってすぐにキレイにはなりません。
でも、しろ彩には皮脂の過剰分泌を抑えて肌の赤み、シミなどを予防するビタミンC誘導体や、保湿力を高めるセラミドといった成分が含まれています。
ですから、「えぇ〜、、、時間かかるんだったら使う意味ないし、、、」と思う必要は全く無いありません。

 

むしろ積極的に使うことで、小鼻の赤み、黒ずみを予防できたり、ニキビ跡の赤みを早く改善できるということも考えられますし。
私自身はしろ彩で無駄に皮脂が出なくなったというのは実感できたので、皮脂やニキビで悩んでいるのであれば、ぜひ活用してみてもらえればなぁと思います。

 

 

しろ彩

 

 

→ しろ彩で赤ら顔を改善できた私の口コミ(トップページ)