毛細血管拡張を悪化させないための化粧水しろ彩の活用法

MENU

毛細血管拡張を悪化させないための化粧水しろ彩の活用法

赤ら顔の中でもそれなりに厄介なのが、毛細血管拡張タイプの赤ら顔です。
このタイプは皮膚が薄いため、血管が透けて見えてしまうため肌が赤くなってしまうのが特徴。
赤くて細い線が見えるようであれば、毛細血管拡張だと思って差し支えないでしょう。

 

血管が透けて見えていても別に赤くはならないんじゃない?と思うかもしれませんが、急激な温度の変化によって赤くなってしまうんです。
温度がいきなり変わると血流の流れが変わって毛細血管が広くなるというのがこのタイプの主な原因ですね。

 

当然ですが、温度変化での血流の流れの変化は誰でも起こることです。
そのなかでとりわけ肌の薄い人がこの症状が出やすいということですね。
温度変化以外にも紫外線の影響によるともいわれています。

 

私が参考にした書籍によれば、この毛細血管拡張は「化粧品で治すことはできずレーザー治療に頼るしかない」といった趣旨の記述がありますね。
ただし、この本は2011年発行のものですので現在では別の方法での対策も色々なサイトで取り上げられています。

 

例えば、自律神経を整えるとか、スキンケアに気をつけ保湿をしっかりと行う、あるいは腸内環境を整える、アルコールの摂取を控える、寒暖差をできるだけ感じにくくする…といったものを見かけると思います。

 

これらは十分試してみる価値がある対策方法だと私は思います。
流石にレーザー治療でしか改善できないのであれば、私みたいにお財布の紐が硬い人にはケアするのが難しいですし。。。

 

なので、できるだけ自分で簡単に取り組めるものを積極的に試してみる姿勢は大事。
交感神経を整える、というのはストレスを減らすことで概ね解決できます。

 

現代はストレス社会と表現されることが多いですが、間違ってはいませんよね?
会社に行けば朝から晩まで働き詰めで、自分のしたいことも十分にできない人は多いでしょう。

 

それに、20代30代の比較的若い人でももう年金の心配をしはじめちゃってて、将来に不安を抱えている人が多いんだろうなぁっていうのは簡単に想像できます。
こんなことを言う私でさえも、毎月お金のことで悩んだり将来のことであーだこーだと考えることは多いです。
こういうストレスを抱えっぱなしの状態は、交感神経優位になってしまうんですね。

 

休むべきときに休めず、ずーーーーっとオンの状態になっているのでそのつけが肌荒れや体調不良として現れてしまうのです。
また、カフェインやアルコールの取りすぎも血流に影響しているため、改善をしたいのであれば控える期間を設けてみるのが大切ですね。

 

他には優しい洗顔と保湿によるスキンケアで角質層をしっかり守ることが、毛細血管拡張タイプの赤ら顔の人には大事ですよ。

 

そのスキンケアで活用できるのが赤ら顔向け化粧水しろ彩なわけですが、しろ彩には毛細血管拡張タイプの人でも効果が期待できる成分が含まれています。

 

それが、プランクトンエキスですね。この成分は毛細血管の拡張を防ぐ働きがあるため、まさにピッタリと言える成分なんです!

 

ここで一旦まとめておきたいのですが、まず毛細血管拡張タイプの人が赤ら顔を改善するためには以下のことに気をつけましょう。

 

  • 自律神経を整えるため、できるだけストレスは溜めない・発散する
  • アルコールやカフェインの摂取はできるだけ控える
  • 寒暖差のある部屋の出入りには慎重になる
  • 肌の保湿力を高める美容液、保湿クリームを活用する
  • 生活習慣をできるだけ改善する努力を忘れない

 

まずはこれらを3ヶ月くらい実践してみる事が大事。
加えてしろ彩を活用すれば完璧ですね。え?無理ですか?

 

そんなの、やってみなきゃわからないじゃないですか!

 

実際に試してみて改善されたら儲けものですし、たとえ改善されなくても別の面でいい影響がきっとあるはずです。
最初からムリムリ言わず、まずは試してみる事も時には大事ですよ!

 

 

しろ彩

 

 

→ しろ彩で赤ら顔を改善できた私の口コミ(トップページ)