鼻の赤みをキレイサッパリ解消するには?原因と薬に頼らない対策用化粧水の使い方

MENU

鼻の赤みをキレイサッパリ解消するには?原因と薬に頼らない対策用化粧水の使い方

小鼻の赤みってすごく気になりませんか?私はものすごく気になります。
肌のトーンがある程度揃っている中で、小鼻だけが異様に赤い。。。
人からすれば全然違いがわからないんでしょうけど、鏡とにらめっこしていたら本気で嫌になってしまうんですよ。

 

で、例えば友達とか会う人会う人の小鼻をチェックするようになってきます。
で、肌がきれいな人を見ては落ち込んで、、、みたいなことを繰り返すわけです。もはや小鼻チェック症候群!
あなたはそうならないでください!みっともないですしね!

 

じゃあどうやって鼻の赤みを解決しますか?って話ですが
小鼻の赤みのほとんどが皮脂の出過ぎによるものなので、皮脂を無駄に出さないようにする…これが基本ですね。
皮脂を無駄に出さないようにするには、食事、睡眠、運動不足などなど…生活習慣を改善するほかありません。

 

じゃあ他に注意すべき事はありますか?と言いたくなりますよね。
当然、あります。それについてここでは具体的にお伝えしていきます。

 

小鼻の赤み・黒ずみをキレイサッパリ解消するためにできること

 

では小鼻の赤みをキレイにするには何が必要かについてまとめてみます。

  • 手でベタベタと顔を触らない
  • うつぶせで寝ない
  • 皮脂や角栓を放置しすぎない
  • 逆に取りすぎてもダメ
  • きちんと洗顔する
  • ビタミンC誘導体の含まれた化粧水を活用する
  • 保湿ジェルなどで保湿する
  • 油ものを食べすぎない
  • 夜更かししない
  • …etc

 

ざっと思い浮かぶのかこのあたりでしょうか。全部普通のことですよね。
でも、意識しておかないとついついやってしまうことってこの中でもあります。

 

例えば、手で顔を触ってしまうというのは肌への刺激につながります。
そもそも手って私達が想像している以上に汚いんですよ。

 

雑菌なんていたるところにいますから、その手でデリケートな顔の肌を触ると荒れるというのは想像できるはず。
でも触っちゃうというのは、例えば皮脂が出てきてないかどうかを無意識に触ってチェックしていたり、というのが一例でしょうか。
こういうのって、物凄く悪い癖だと思うんですよね。しかもなかなか治らないという。

 

なので、意識的に顔を触らないように注意しておくのが大事だと思います。
手が顔に伸びつつあったら、あ、ダメダメ!と思いとどまるようにしておくと変な癖が治りやすいです。

 

同じように、うつ伏せで寝ないというのも大事。枕は頻繁に洗濯してる!という場合でもあまり好ましくありません。
寝ている間に顔が擦れて刺激となってしまうからです。
そもそもうつ伏せで寝ると肌にシワができやすくなってしまうので、そういう意味でも注意したいところ。

 

ほかは別の記事でもまとめているように、なるべく無駄な皮脂を出さないようにするための方法ですね。
しっかりと肌に潤いを保つこと、これが一番重要です。

 

しろ彩などの赤ら顔対策用の化粧水には赤みを抑える成分だけでなく、
保湿成分もしっかりと入っているので十分活用できるはず。

 

私は現状まだまだ小鼻は黒ずんだ状態のままですが、きれいになる!と信じて活用していますよ。
大事なのは、地味でも良いからケアを続けること。

 

スキンケアは場合によっては年単位で時間がかかるものです。
なので、じっくりのんびり取り組んでもらえばなぁ〜というのが私が考えるところです。

 

しろ彩

 

 

→ しろ彩で赤ら顔を改善できた私の口コミ(トップページ)